ホーム »

大晦日に格闘技番組が復活するらしい

一昔前は大晦日は紅白じゃなくて格闘技って時代があった。
不祥事がきっかけだったのかは定かではないが、ココ数年は格闘技をテレビで見ることはめっきりへった。
プロボクシングの世界タイトルかそのくらいではないかな。

K-1やらプライドやらも一応存続はしているようだが、地上波で放映するレベルじゃなくなっている模様。
格闘技ファンとしてはこれは残念なこと。市場が縮小しているとそこを目指す若者も少なくなるのは必然だからね。
そういう意味もあって今回の大晦日には期待している。

テレビで頻繁に宣伝されているカードがボブサップVS曙という数年前の焼き直しかつロートル同士の試合というのは気になるが・・・。
皆が知っている名前という点が重要なのだろう。地上波で放映するということはそういうことだ。
今回のイベントはRIZINというらしいが、果たして格闘技が再度お茶の間に根付くのかどうか、非常に見どころであるのは間違いない。

また、TBSもKYOKUGEN2015というイベント内で魔娑斗VS山本キッドの試合の企画があるようだ。
これは山本側の契約の事情でガチではなく、エキシビジョン扱いらしいが、コチラも大物同士のカードと見られている。
パターン的にはサップと曙と一緒だね。皆が知っている二人の試合だ。

魔娑斗は最近テレビの露出が結構増えている気がしているから数字とれるんだろうね。
エグザイルが人気なのに便乗している気がする、見た目的な意味で。
とにかくイチ格闘技ファンとして大晦日は存分に楽しみたいと思う。今回の人気具合で次回の開催は決まるはずだから。

鍛え上げられた肉体が戦う姿は美しいものですよ。