ホーム »

餓狼伝の原作を読む

刃牙の作者が描いている餓狼伝の原作があるのは知っていた。
今はチャンピオンかなんかで他の人もコミカライズしているのかな?
その他にも何作かあるらしい。それほど人気の原作小説だ、餓狼伝は。

1980年代の作品なのに今読んでも全く古臭さを感じさせない。
もちろん携帯電話なんかは出てこないし現代っぽい表現もないのだが。
格闘小説というジャンルがそうさせるのだろう。プロレスや空手の表現はそうそう変わるものでないし。

私は今野敏の格闘小説も好きなのだが、この人ももしかしたら夢枕獏の格闘小説に影響を受けているのかもしれない。
作者の期間としては同じ世代だからどちらが影響を受けているのかわからないけど。いや互いにってこともあるのか。
こういった格闘作品を見ると私も肉体を鍛えたくなる。

週1程度の筋力トレーニングで体型の維持はできているが、それ以上のものも男としては行いたいよね。
トレーニングの日常化ができているかどうかってのは人生に大きな影響をもたらすと思う。
充実したトレーニングができていた時期ってのは自信がみなぎっていた気もするし。

餓狼伝は今後も読み継がれていくのだろうなぁ、時代を感じさせない作品。まだ続刊中なので最終回まで読みきりたい。

あと、同じ作者で『獅子の門』という作品もある。コチラは全8巻で完結しているのだが、この作品も面白い。餓狼伝の漫画にも出てくる久我重明は獅子の門の登場人物。自分は7巻までしかまだ読めていないが中だるみもなく、いつも一気に読み終わってしまう。獅子の門もいつかコミカライズされたら嬉しいなぁ。